2011年08月11日

8/7  夏祭り

暑い夏!
IMGP3760.JPG

今年も恒例の夏祭り、蒸し暑いなか行なわれました!

IMG_5454.JPG
司会のタイガー〇スクが得意のタイガースープレックス、じゃなくてギターで歌いながら祭りを進行していきます。

IMG_5627.JPG
花巻中学校ブラスバンド部による、息の合った演奏と演出に会場が活気づきました。


出店も賑わいました!
IMG_5475.JPG
理事長もかき氷売りに参戦! とにかく暑いっ!!
かき氷、しそジュース、冷やし甘酒、お茶類‥‥予想以上のスピードで売り切れてしまいました!!

IMG_5515.JPG
暑くても夏野菜カレー、餃子・焼売、たくさん食べていただきました。
また今年は暑さ対策で冷やしうどんも出し、こちらも好評でした!

IMGP3805.JPG
銀河の里SHOPにて、餃子や焼売をお持ち帰りいただいたり、里の畑で掘ったばかりのジャガイモ(農薬不使用)、お盆に向けたもち米や米粉なども販売しました。

IMG_5521.JPG
恒例のバザー、お菓子処の「里や」も賑わいました。

IMG_5464.JPG
毎年、秋田・横手から来ていただくスイカ屋さんも完売でした!


そして今年は‥‥

IMGP3808.JPG
微力ながら3.11の大震災での被災地を支援していきたい、と夏祭りの売上から純利益を被災地支援費に還元することを銘打ち、被災地支援ブースを設けました。

IMG_5673.JPG
銀河の里と、思わぬ縁から物資のたすきをつなぐこととなった「たすきプロジェクト」⇒http://117kibounoakari.sblo.jp/の支援活動を掲示したり、三陸の海産物を集めて販売させていただきました。

さらに、大槌の避難所や仮設住宅で暮らす女性たちを支援する「大槌復興 刺し子プロジェクト」(上写真右)⇒http://osp2011.web.fc2.com/の活動の紹介と、女性たちが復興への願いをこめて一針ずつ丁寧に縫ったデザインのふきんやコースターを販売しました。

IMGP3786.JPG
職域を越えてお互いの支援活動を協力してきた、北上や花巻の友人たちも出店してくれました。

IMGP3784.JPG
彼女たちも大槌の女性たちを支援しようと、エコたわし作りに携わっています。北上を見下ろすレストランと農園の一員でもある裕美さんは農園の甘くて瑞々しいプラムを、また絵を描くkeikoさんは被災地を描いた師匠のものとともに自分のポストカードを持ち寄ったり‥‥と、個性溢れるスペースを広げていただき、銀河の里の活動の輪も広げていただきました。
夏祭りでの様子やこれまでの活動をそれぞれブログに逐一、詳細かつ親しみやすく紹介しております。
 是非覗いてみてください⇒こけめ農園⇒http://ameblo.jp/cokeme/entry-10977304991.html
             スケッチ日和⇒http://sketch-biyori.cocolog-nifty.com/

夏祭り用駐車場(→ふだんは草原)も、満車!? 非日常的な光景です!
IMG_5510.JPG


出店以外のイベントも盛り上がりました!
IMG_5583.JPG
IMGP3796.JPG
塚地さん(仮称)も餅つきに参戦! 畑仕事で鍛えられた足腰から振り下ろされる杵の安定感は唯一でした!

IMGP3800.JPG

IMGP3814.JPG

IMGP3813.JPG
老いも若きもタイガー〇スクも、暑さにめげず微笑んでくれました。


3年目の銀河さんさ隊と、輪踊り。
IMGP3818.JPG
踊るひとと

IMGP3816.JPG
見守るひとが一体となるとき


そしてまた来てくれました、TAYUTA!!http://tayuta.hiho.jp/
IMG_5706.JPG
前回行なわれた夜のライブとはまた雰囲気もオーディエンス(観客)も変わって、アットホームな感じになりました。家族連れの方や、花中ブラスバンドのメンバー、そしてワークステージのメンバーなど、普段なかなかライブやコンサートに行く機会の少ない方たちが多かったのでは?


会場にも被災地復興支援を呼びかけられたらと、ポスターを張りめぐらせました。
TAYUTAライブ (6).JPG
「ひとつひとつ咲かせるよ」‥‥「復興の狼煙」ポスタープロジェクトのポスター
http://fukkou-noroshi.jp/

IMG_5744.JPG
「深刻な顔は止めて笑おう。そう、そんな感じでさ。」‥‥沿岸アスリートの支援ポスター
http://www.iwatestandard.jp/Poster.html

IMG_5718.JPG

IMG_5717.JPG

IMG_5726.JPG
音楽に垣根なんてない。
かつてジャズバーや横須賀の米軍基地でもピアノを弾いてきたという、ジャズが身に染み付いている
西野さん(仮称…特養のショートステイを利用されています)との、サプライズな共演もありました!! 開演前のリハーサル時にお互い気になって、話し合って急遽実現することに。最初はタイミングが合わなかったものの、アドリブでスリリングな音の掛け合いとなりました。

IMGP3825.JPG
中学生たちには、間違いなく普段接している音楽とは全く別の音とリズムに出会ったひとときだったと思います。彼女たちの世界が広がる、何かひとつのきっかけとなるかもしれません。

祭りのちから、音楽のちから‥‥復興へ向けてエネルギーを解き放てっ!!


追伸:
IMGP3827.JPG
ギターの井咲さんが中学生たちとの別れ際に握手、ギターのピック(爪)をプレゼント。
送迎のバス車内は、「私も欲しい〜」、「右座席に座っときゃよかった〜!!」など、緊張して静まり返った行きと違って黄色い声があちこちからあがって、そりゃもう賑やかでした‥‥なにかが解き放たれました(笑)。

【ワークステージ ささきてつや】
posted by ginga at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。